2020/05/13 UPDATE

髪の健康を左右する、身体の健康

今日は髪の健康についてです。

 

毛髪には、身体の調子が大きく影響してきます。

食べたもので身体はできていて、

 

その栄養素が頭皮に行きわたって生えてくる髪のコンディションが決まります。

 

なので髪も栄養状態にとても敏惑なんです。

 

 

 

 髪と身体の関係

 

たとえば、偏食による栄養の偏り、極端なダイエットによる栄養不足、

ストレスによる血流の乱れなどがあると、髪は大きく影響を受けます(>_<)

 

 

 

以前もお話しましたが、髪は身体からの栄養でできていますが、

 

その細胞自体は死んだ細胞の集まりです。

 

なので、これらの要素が直接すでに生えている髪の毛のダメージとなることはありませんが、

 

栄養不足になると、髪をつくる材料が不足することになり、

間接的に悪影響を及ぼします。

 

 

その結果生えてくる髪が「弱くて、ダメージを受けやすい髪の毛」になっていきます。

 

 

 

 

ツヤも太さなくなり、コシや弾力が失われ、最後には脱毛へと進んでしまいます。

そのぐらい身体のコンディションは重要なんです。

 

 

 髪に良い栄養素

特に、毛髪をつくるタンパク質が不足すると、ヘアサイクル(成長期→退行期→休止期)の休止期の割合が多くなり、

大量に抜けてしまうこともあります!
その後に生えてくる毛髪もやせ細ったものになります。

怖いですね(>_<)

 

 

では、ダメージを受けにくい、強い毛髪を育てるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

 

その答えは、当たり前ですが”バランスのとれた食事”です。

 

ここで髪に重要な栄養素とそれが取れる食材を記載します。

 

・アミノ酸・・・大豆、納豆

・ビタミンA・・・緑黄色野菜

・ビタミンP・・・柑橘類

・ビタミンE・・・黒ゴマ、ヘーゼルナッツ、落花生

・ミネラル・・・わかめ、昆布、山芋

 

 

ざっと挙げましたが、

これらの要素を毎日忙しい中で取っていくのも大変ですよね。

しかも、食べたものがすぐに結果として髪に現れるわけではないので、根気強く続けていく必要があります。

 

 未来の髪のために

人間はじめからしっかりやろうとすると辛くて挫折してしまうものです。

なので、例えば毎日これらすべてを取り入れようとするのではなく、

「1週間単位でバランスを考えてみる。慣れてきたらだんだんレベルを上げていく。」

などして、自分へのハードル(入口)を下げてあげるのも、長く続けていくための方法です。

(あまり始めから自分を厳しく評価してしまうと続かないですよね。)

 

でも、もし食べ物を買うときや、食事の時、上記のようなことを思い出してみてください。

今食べているもので、数年後、数十年後の自分の髪や身体はどうなっているのか。

その時になってみないとわかりませんが、後悔は先に立ちません。

私たちNfractalも含め、みんなで将来の自分のための食事を心掛けていきたいですね。

 

 

また、髪の現状をより良くするための、ヘアケア、トリートメント、ケミカル施術等、

Nfractalにお任せください♪

当店での施術で、将来の自分をいたわってあげてください(^^)

 

 

 

南流山  オーガニック美容室Nfractal

 

お店のご予約はこちらから!

RESERVATION
予約する

SEARCH
記事を検索

ARCHIVE
月別アーカイブ