2020/07/09 UPDATE

COSMOS認証の成り立ち

こんにちは

Nfractalです!

 

 

今日は、シャンプーやトリートメントなどの製品が基準をクリアしたオーガニック原料を使っているという証明である「COSMOS(コスモス)認証」について、その成り立ちをお話していこうと思います。

 

 

これまでにもHALAL認証や、Vegan認証、PeTA認証など、様々な認証基準を説明してきました。

それぞれに特徴や基準があるわけなのですが、今回ご説明するCOSMOSは、

簡単に言うと、

 

・自然由来の原料を多く使っている

・その自然由来の原料は、基準を満たしたオーガニック原料である

 

などの特徴があります。

(オーガニックについての説明は過去記事「そもそもオーガニックとは?」をご覧ください)

 

 

 

 

COSMOS認証の由来ですが、

「COSMetics  Organic  and  natural  Standard」

の大文字の部分を合わせた言葉です。

意味としては、”オーガニックコスメの世界統一基準”という意味です。

 

 

 

 

このCOSMOSができる前はどうだったかというと、

各国で基準が似てるけどバラバラの状態だったそうです。

 

 

 

・ECOCERT エコサート (フランス)

・COSMEBIO コスメビオ (フランス)

・BDIH  ビーディーアイエイチ(ドイツ)

・ICEA イチェア (イタリア)

・SOIL ASSOCIATION ソイルアソシエーション (イギリス)

 

など、様々な団体が、様々なオーガニック認証基準を設けていましたが、

消費者の混乱を避けるために、力を合わせて統一のしっかりとした基準を作ろうという事で、

上記の5団体が、2010年5月に

国際NPO協会「COSMOS-standard  AISBL」を設立し、国際的な世界統一基準を策定しました。

 

 

 

 

そして2017年から、加盟団体の認証はすべてCOSMOSの基準となり、

”COSMOS ORGANIC”、もしくは”COSMOS NATURAL”

が入るようになりました。

以下の写真のような感じです。

 

 

 

これにより、どの団体で認証を受けたとしても、COSMOSのマークが付いていれば、

世界標準の厳しい審査をクリアした製品であると証明されることとなったのです。

 

 

今日はCOSMOS認証の成り立ちをお話ししました。

次回は、具体的な内容について説明したいと思います♪

 

 

南流山  オーガニック美容室Nfractal

 

お店のご予約はこちらから!

RESERVATION
予約する

SEARCH
記事を検索

ARCHIVE
月別アーカイブ